XPスタイルバトル for MV (Work In Progress)

bdpre-00bdpre-03

XPスタイルバトル for MVはLNX11_XPスタイルバトルのMV版プラグインです。BattleDesigner.jsのコア部分でもあり、BDと並行して開発を行っています。

当プラグインは開発途中のプラグインです。機能の不足やプラグインの大幅な仕様変更、バグ等があることを予めご了承ください。

Terms of Use

(2017/3/14 20:45)掲載していたメールアドレスに誤りがあったため、修正しました。間違ったアドレスでメールを送ってくださった方、大変申し訳ありませんが、正しいアドレスに再度お送り頂くようお願い致します。

以下の利用規約の事項を遵守・同意の上ご利用下さい。規約内容は変更される場合があります。

  • XPスタイルバトル for MV(以下、当プラグイン)は原則的にMomomaru Remix@Entyでご支援頂いた方のみご利用可能です。ご支援された期間に公開されている全てのバージョンがご利用可能です。
    • 複数人のチーム製作によるご利用の場合、製作代表の方のご支援が必要になります。
    • ※企業の方へ:用途により、別途ライセンス料を課す場合がございます。ご利用前にご相談ください。
  • 当プラグインは商用利用が可能です。
  • 制作されたゲームのReadMeや配布サイトにMomomaru Remixのクレジット表記をお願い致します。
  • ゲーム公開前に、必ずMomomaru Remix(support🍑peachround.com)までご連絡をお願い致します。
  • 当プラグインのソースコードや付随する画像素材の再配布を禁じます。
    当プラグインを組み込んだゲームの公開は(DL/Web形式に関わらず)これに当たりません。
  • 当プラグインを利用したことで起きた損害について、Momomaru Remixは一切の保証を致しかねます。

Support

ご質問・不具合等があればメールやTwitter、Entyの当該記事のコメント等でご連絡ください。他のプラグインと併用して起こった不具合(=競合)はサポート致しかねます(※)。不具合をご報告の際は、他のプラグインが全て無効の状態でも不具合が発生することをご確認ください。ご協力をお願い致します。

※後日、プラグイン競合の報告用フォームを作成予定です。需要の高いものについては対応を検討するかもしれません。

Download

XPスタイルバトル for MVはMomomaru Remix Entyページにて、¥300 以上の支援を頂ける方のみご利用いただけます。

Schedule

現在の実装予定です(小さい機能を除く)。*が付くものはVXAce版には無かった機能です。

Summer 2017

  • 新スキン追加(Enty ¥30,000/月達成リワード VXAce版と同時公開)
  • 敵キャラのオーバレイHPゲージ*
  • ポップアップ機能の調整
    • ポップアップタイプの追加
    • 任意の画像をポップアップに使用する
  • 行動選択中の立ち絵表示*

Autumn/Winter 2017

  • VXA版で公開済のスキン追加

Change Log

Build170709

  • MV Ver1.5.0に対応しました。
  • 各プラグインパラメータのデフォルト値がundefinedからに変更になりました。パラメータを空にすると、プラグインのデフォルト値が使用されます(undefinedを指定も引き続き利用可能です)。
  • HUDのパフォーマンスを少し改善しました。

Build170625

機能追加

  • 条件バトラーグラフィック機能を実装しました。ダメージ時・行動時・ステート付与・勝利等、様々な条件に応じたバトラーグラフィックを指定して表示することが出来ます。

注意: Build17051X以前のバージョンを導入したゲームで作成したセーブデータは基本的に使用出来ません。使用したい場合、以下の手順でセーブデータを更新してください。
1. ゲームを起動して古いセーブデータをロード
2. コンソールから次のスクリプトを実行 BD.CMD.resetBattlerGraphic();
3. セーブデータを上書きする

修正

  • 前衛後衛プラグイン/VanguardAndRearguard.js(Delusional Field様)と併用した時、バトラーグラフィックに後衛位置シフトが反映される問題を修正しました(サイドビュー時のみ)。

Build17051X

機能追加

  • アクターのアニメーション/ポップアップを無効にする設定を追加しました。
    以下のプラグインパラメータを false に設定すると、アクターへのアニメーション/ポップアップが無効になります(フロントビューのみ)。
    (boolean)battlerGraphic.enableAnimation
    (boolean)battlerGraphic.enablePopup

修正

  • HUDのパフォーマンスを少し改善しました。

Build170430

機能追加

  • バトラーグラフィック変更機能
    bdpre-05
    通常、アクターの顔グラフィックで表示されるバトラーグラフィックに、任意の画像を指定出来るようになりました。
    ※アクターの行動やステートに応じてグラフィックを動的に変更する機能は今回の更新には含まれていません。この機能を含めたバージョンは5月中に公開予定です。
  • プラグインパラメータいろいろ追加
    アクターコマンド/パーティコマンド/ターゲットインフォメーションウィンドウのレイアウトをある程度カスタム出来るようになりました。

変更

  • アクター行動時に、エネミー行動時と同様の白フラッシュを行うようにしました(フロントビューのみ)。

Build170331

機能追加

  • シンプルバトルログ表示
    bdpre-04
    アイテム/スキルのメモに <Tip:説明文> と記述すると、シンプルバトルログにアクション名と一緒に説明文が表示されます。
  • 戦闘速度調整
    バトルログのウェイト調整やアニメーションの早送りが可能です。
  • アニメーション速度調整
    アニメーションの名前に <1-4の整数> を含めることでアニメーションの再生速度を変更します。1が最速、4が標準です。
  • プラグインパラメータ24項目追加
    ※コンフィグファイル読み込み機能の実装は諸事情につき実装を先送りにしました。代わりにプラグインパラメータをご利用下さい。

バグ修正

  • ターゲットカーソルが戦闘不能または未出現の敵キャラに出現してしまう
  • 0ダメージが回復カラーでポップアップしてしまう

Build170226

初版

Features

以下の内容は全て6月バージョンのものです。

  • XPスタイルのパーティステータス表示(Skin:Standard-MV beta)
  • バトラーグラフィックの表示と状況に合わせた変更(条件バトラーグラフィック機能)
  • ダメージポップアップの強化
    • 弱点/抵抗ダメージ、ステート、能力値変化、反撃/反射/かばうのポップアップ
    • 4つのポップアップモーション(SimpleBounce, RandomBounce, Rise, Overlay)
  • 使用時アニメーション
  • ステートアニメーション
  • ウィンドウレイアウトの変更
  • ターゲットカーソル
    • 対象選択時にアローカーソルを表示
    • 範囲が全体・使用者などのアイテム・スキルの対象確認
  • シンプルバトルログ
  • 戦闘速度調整
  • アニメーション速度調整

使い方

  1. js/pluginsフォルダにXPStyleBattleMV.jsをコピーして、プラグイン管理で有効にします。
  2. img/systemフォルダに必要な画像素材(スキン画像、カーソル)をすべてコピーします。
  3. テストプレイでプラグインが動作していることをご確認ください。

併用しているプラグインによっては、うまく動作しないことがあります。
また、当プラグインはMVのコアスクリプトVer1.3.2以降で使用することを想定してます。対象のプロジェクトのコアスクリプトが新しい事をご確認の上で当プラグインをご利用下さい。

コンフィグレーションについて

XPスタイルバトル for MVは、BattleDesigner.jsのコア部分に相当するプラグインです。本来であればBattleDesigner.js専用ツールを使用してプラグインの設定を行うのですが、ツールが完成していない現状、設定を変更するにはプラグインパラメータを利用するか、プラグインのソースコードを直接編集して頂く形になります。用意されている設定項目についても、開発中につき、うまく動作しないものがございます。予めご了承ください。

プラグインパラメータ補足

各パラメータ名にはパラメータの型を表すプレフィックスが付いています。このプレフィックスに従ってパラメータを入力してください。
(integer): 整数。半角で小数でない数字を入力します。
(string): 文字列。クォーテーション(”, “”)は不要です。
(boolean): 真偽値。true もしくは false を入力します。
どの型においても、パラメータをundefinedもしくは空にしておくとプラグインのデフォルト値を使用します。また、不正な値を設定した場合もデフォルト値が使用されます。

任意のバトラーグラフィックを使用する

通常、アクターのバトラーグラフィックは顔グラフィックで表示されますが、任意のバトラーグラフィックを指定して表示することも出来ます。指定はアクターのメモかスクリプトで行います。バトラーグラフィックには、顔グラフィックか一枚絵グラフィックを使用することが出来ます。一枚絵バトラーグラフィックを使用する場合、画像の参照先は img/battlergraphics フォルダになります※。元々存在しないフォルダですので、一枚絵バトラーグラフィックを指定する場合はフォルダを作成の上ファイルを追加して下さい。

※ 参照フォルダはプラグインパラメータで変更可能です。

条件バトラーグラフィック

条件バトラーグラフィックとは、6月バージョンで追加されたバトラーグラフィック表示の拡張機能です。条件に合わせてバトラーグラフィックを表示することが出来ます。設定できる条件は以下のものを用意しています。

  • コマンド入力中
  • 行動待ち
  • 防御中
  • 詠唱中
  • ピンチ時
  • 被ダメージ
  • 戦闘不能
  • 勝利
  • 指定ステートが付与されている時
  • 指定アイテム/スキル使用待機中
  • 指定アイテム/スキル使用中

条件は基本的にアクターのメモに設定を記述することで行いますが、スクリプトコマンドを利用してゲーム中に条件を変更することも可能です。

バトラーグラフィックメモ設定

ベースバトラーグラフィック設定

アクターのベースとなるバトラーグラフィックを変更します。
fileName: ファイル名(拡張子不要)。末尾に[n]と記述すると、指定ファイル名の顔グラフィックのn番目を参照します。

条件バトラーグラフィック設定

アクターの条件バトラーグラフィックを設定します。このメモは1アクターのメモに対して複数個記述出来ます。idOrTagとpriorityは省略可能です。省略する場合、以下のように記述します。

fileName: ファイル名。と同じく顔グラフィック指定が出来る他、(半角アスタリスク)を記述すると、部分がベースのバトラーグラフィックのファイル名に置換されます。

kind: 条件種別。以下の表・左列のいずれかの文字を記述します。

種別 条件 idOrTag指定 デフォルトpriority 備考
State 被ステート 128
Crisis HPが1/4以下 256
Command コマンド入力中 512
Ready 行動待ち Tagのみ 513
Guard 防御中 514
Chanting 詠唱中 515
Skill スキル使用中 1024
Item アイテム使用中 1025
Damage 被ダメージ 2048 表示時間をプラグインパラメータで設定可能
Victory 勝利 2049
Dead 戦闘不能 4096 指定すると戦闘不能時のエフェクトが無くなる

idOrTag: 条件種別に対応するID数値もしくはメモ文字列を指定します。
例えば条件種別がSkillの場合、idOrTagを8にすると、「ID8番のスキル使用中」が条件になります。
idOrTagをKiaiにすると、「メモにが含まれているスキルの使用中」が条件になります。

Readyの場合、ID数値は入力できず、メモ文字列のみ指定できます。例えばReady条件でidOrTagをOhgiにすると、「メモにが含まれているスキル/アイテムの使用中のみ」が条件になります。

idOrTagを省略した場合、idOrTagは内部的に0が指定されます。idOrTagを0にすると、全てのIDのステート/スキル/アイテムが条件になります。

idOrTagに対応していない条件種別で、次のpriorityを指定したい場合、0を指定します。

priority: 条件の優先度を数値で指定します。設定した条件が複数満たされている場合に、このpriorityが最も条件が適用されます。省略した場合、各条件種別のデフォルトpriorityの値になります。このパラメータは基本的に省略しても問題ありませんが、以下のようなケースでpriority設定を活用することが出来ます。

  • 石化ステートの時、ダメージや勝利グラフィックに切り替わってほしくないので、priorityを2050以上の値にする
  • 戦闘に勝利した時、戦闘不能でも勝利グラフィックにしたいので、priorityを4097以上の値にする

バトラーグラフィックメモ設定の記述例

ベースのバトラーグラフィックをBattler1に設定する。

ダメージを受けた時、バトラーグラフィックをBattler1_Damageに切り替える。

メモにが含まれているスキル/アイテムを入力した時、バトラーグラフィックをBattler1_Waitに切り替える。

スキルID100を使用中、バトラーグラフィックをBattler1_Skill100に切り替える。

アイテム使用中、バトラーグラフィックをBattler1_Itemに切り替える。
アイテムIDが10なら、Battler1_Item10に切り替える。

ステートID4が付与されている時、バトラーグラフィックをBattler1_Poisonに切り替える。

メモに<石化>が含まれているステートが付与されている時、バトラーグラフィックをBattler1_Petrifiedに切り替える。
このステートが付与されている限り、グラフィックはBattler1_Petrifiedから変化しない。

ベースのバトラーグラフィックをBattler1とし、それぞれの条件を満たした時にバトラーグラフィックをBattler1_XXXXに切り替える。

ベースのバトラーグラフィックを顔グラフィックのActor1とし、それぞれの条件を満たした時に顔グラフィックの番号だけを切り替える。

バトラーグラフィックのスクリプトコマンド

ベースバトラーグラフィック設定

指定したID or インデックス※のアクターのバトラーグラフィックを変更します。
type = アクターをIDで参照するかパーティ内インデックスで参照するか。IDなら“id”、インデックスなら”index”を指定します。
num = ID or インデックスの数値。
filename = ファイル名の文字列(拡張子不要)。

BD.CMD.setBattlerGraphicの代わりに、短く記述できるBD.CMD.setBGを使用することが出来ます。

条件バトラーグラフィック設定

指定したのアクターの条件バトラーグラフィックを変更します。
type = アクターをIDで参照するかパーティ内インデックスで参照するか。
num = ID or インデックスの数値。
filename = ファイル名の文字列。
kind = 条件種別の文字列。
idOrTag = 条件種別に対応するID数値もしくはメモ文字列。
priority = 優先度の数値。省略可能。

既に同じ条件が設定されている場合、設定を上書きします。
BD.CMD.setConditionBattlerGraphicの代わりに、短く記述できるBD.CMD.setCBGを使用することが出来ます。

指定したのアクターの条件バトラーグラフィックにマッチする条件を削除します。
type = アクターをIDで参照するかパーティ内インデックスで参照するか。
num = ID or インデックスの数値。
filename = ファイル名の文字列。
kind = 条件種別の文字列。
idOrTag = 条件種別に対応するID数値もしくはメモ文字列。

既に同じ条件が設定されている場合、設定を上書きします。
BD.CMD.removeConditionBattlerGraphicの代わりに、短く記述できるBD.CMD.removeCBGを使用することが出来ます。

指定したのアクターのバトラーグラフィック設定をリセットします。引数を全て省略すると、全てのアクターのバトラーグラフィック設定をリセットします。
type = アクターをIDで参照するかパーティ内インデックスで参照するか。
num = ID or インデックスの数値。
filename = ファイル名の文字列。

既に同じ条件が設定されている場合、設定を上書きします。
BD.CMD.resetBattlerGraphicの代わりに、短く記述できるBD.CMD.resetBGを使用することが出来ます。

プラグインコマンド

パーティステータスを非表示にします。

パーティステータスを表示します。

メモ設定

敵キャラ

敵キャラの通常攻撃アニメーションを指定します。
id = アニメーションID

アイテム/スキル

アイテム/スキル使用時、使用者に再生するアニメーションを指定します。
id = アニメーションID

シンプルバトルログにアクション名と一緒に表示する説明テキスト。
description = 説明テキスト

ステート

ステートが付加されている間再生し続けるアニメーションを指定します。
id = アニメーションID

付加/解除時のポップアップ表示名を設定します。何も設定しなければ既定のステート名が表示されます。
name = ポップアップする文字列

このメモが書かれたステートは良いステート扱いになり、ポップアップカラーが変化します。

このメモが書かれたステートはバッドステート扱いになり、ポップアップカラーが変化します。

付加時のポップアップを非表示にします。

解除時のポップアップを非表示にします。

付加/解除時のポップアップを非表示にします。

アニメーション

アニメーションの再生速度を変更します。アニメーションにはメモが無いため、名前に記述します。
n = アニメーション再生速度 1: 4倍速 2: 2倍速 3: 4/3倍速 4: 標準

付属画像素材

  • ステータススキン:Standard-MV beta 一式
  • ターゲットカーソル