STR10_クイックセーブ / Quick Save

マップ画面でクイックセーブが可能になります。
以下のロード用スクリプトも同時に導入する必要があります。

STR10p1_QSロードコマンド追加 / Quick Load Command

タイトルコマンドにQSロードコマンドを追加するスクリプトです。

Script Preview

STR10

#==============================================================================
# ★RGSS2
# STR10_クイックセーブ v0.9 09/03/22
#
# ・マップ画面でクイックセーブを行えるようになります
# ・別途、ロード用のスクリプトが一つ必要になります。
#
#------------------------------------------------------------------------------
#
# 更新履歴
# ◇0.8→0.9
# スイッチでクイックセーブを禁止できるようになった
#
#==============================================================================
# ■ STRRGSS2
#==============================================================================
module STRRGSS2
  # クイックセーブを禁止するスイッチID
  QSSW = 6 # 指定IDのスイッチがONの時、クイックセーブが出来なくなります
  # クイックセーブボタン
  QSBT = Input::X
  # ヘルプメッセージ幅
  QSHW = 544 - 128
  # ヘルプメッセージ文字揃え 0 = 左揃え 1 = 中央揃え 2 = 右揃え
  QSHA = 0
  # コマンド文字揃え 0 = 左揃え 1 = 中央揃え 2 = 右揃え
  QSCA = 0
  # クイックセーブ時のヘルプメッセージ
  QSH0 = "現在の状態をセーブしますか?"
  # コマンド ["YES", "NO"]
  QSH1 = ["はい", "いいえ"]
  # クイックセーブ完了時のメッセージ
  QSH2 = "クイックセーブが完了しました"
  # 完了時のウェイト
  QSWA = 90
  # クイックセーブファイル名
  QSFN = "Quicksave.rvdata"
end

STR10p1

#==============================================================================
# ★RGSS2 
# STR10p1_QSロードコマンド追加
#
# ・クイックセーブ(QS)のデータ読み込みプラグイン
# ・タイトルコマンドにQSロードコマンドを追加します。
# ・コマンドカスタマイズが可能
# ※再定義を多用しているのでセクションの上下関係に注意
#
#==============================================================================
# ■ Scene_Title
#==============================================================================
class Scene_Title < Scene_Base
  # コマンド名配列
  QS_COMMAND_C = ["ニューゲーム", "コンティニュー", 
                  "シャットダウン","クイックセーブから"]
  # コマンド配列 0 = 始 1 = 続 2 = 終 3 = ク  
  QS_COMMAND = [0, 1, 3, 2] # 始続ク終
  # QS_COMMAND = [0, 1, 3] # シャットダウン無し
  # QS_COMMAND = [0,0,2,2,1,3,2,0,0] # (笑)
  QS_COMMAND_W = 192 # コマンド幅
  QS_COMMAND_SY = 32 # コマンド下のスペース