STR35_サブマップ / Mini Map

マップ画面に縮小マップを表示することができます。縮小マップは自動生成されるものではないので、エディタに表示されているマップをキャプチャー・加工する等して用意する必要があります。

Script Preview

#==============================================================================
# ★RGSS2 
# STR35_サブマップ v0.9 09/03/27
#
# ・マップ画面に縮小マップ的な物を表示することができます。
#  縮小マップは自動生成したりしないので、エディタに表示されているマップを
#  キャプチャー・加工する等して用意してください。
# 
# <必要画像素材>
# ・ポイント画像(Graphics/Pictures)
#  主人公のサブマップ上での位置を表すための点画像です。
#  サイズに制限はありません。(4x4くらいがちょうどいいかも)
# ・サブマップ画像(Graphics/Pictures)
#  サブマップ。サイズに制限はありません。
#  また、実際のマップとサブマップ画像の比率は合っていなくても
#  問題ありません。
#
if false
# <使い方>
# 以下のスクリプトをイベントコマンドの"スクリプト"等で
# サブマップを表示させたいタイミングで実行します
$game_map.submap_name = "sub00s" # サブマップのファイル名
#
# <表示したサブマップを非表示にする>
# 以下のスクリプトをイベントコマンドの"スクリプト"等で
# サブマップを非表示にしたいタイミングで実行します
$game_map.submap_name = ""
#
end
# <仕様>
# マップ移動が行われるとサブマップは自動的に非表示になります。
#
#------------------------------------------------------------------------------
#
# 更新履歴
# ◇0.8→0.9
# イベント中にサブマップを非表示にできるようになった
#
#==============================================================================
# ■ Spriteset_Map
#==============================================================================
class Spriteset_Map
  # 設定箇所
  STR35_POF = "subpoint"# ポイント画像ファイル名
  STR35_POS = 3         # 表示位置 0 = 左上 1 = 右上 2 = 左下 3 = 右下
  STR35_OPA = [160,255] # 不透明度(0~255) [サブマップ不透明度,ポイント不透明度]
  STR35_SPACE  = {:x => 8, :y => 6}     # 画面端に対する間隔
  STR35_SCREEN = {:x => 544, :y => 416} # 解像度
  STR35_EVENT_V = true  # イベント中はサブマップを非表示にする
  # ここまで