XPスタイルバトル for MV Build170226

大変お待たせしました。RPGツクールMV用プラグイン「XPスタイルバトル for MV」の2月バージョンを本日より配信開始致しました。開発途中のプラグインということもあり、至らない部分が多くありますが、継続的にアップデートを行い改善していきます。

プラグインの詳細はこちらの特設ページからご確認下さい。

既にMomomaru Remix / Entyにてご支援頂いている方は、こちらの投稿から2月バージョンをダウンロードしていただけます。

MV版XPスタイルバトル(仮称)の公開時期について

現在開発中のプラグイン『MV版XPスタイルバトル(仮称)』ですが、ももまるが作業時間をあまり取れない状況にあり、完成時期の見通しが立っておりません。Enty@Momomaru Remix上にて、完成時期を2016年内としておりましたが、完成時期未定に改めさせていただきます。

皆様のご期待に添えることが出来ず、大変申し訳ありません。

プラグインの完成時期は未定ではありますが、少しでも早くパトロンの皆様にお返しをしたく思い、2月中にEntyのパトロン様向けにWIP版『XPスタイルバトル for MV』の公開を予定しております。

XPスタイルバトル for MV

bdpre-00

XPスタイルバトル for MVはBattleDesigner.js(後述)のプラグイン部の一部分を取り出し、従来のXPスタイルバトルを表現するためにコードおよび設定をカスタムしたものです。

開発中のため、詳細な仕様はまだお知らせできませんが、少なくともVXAce版ほどの機能はありません(申し訳ありません)。前々から予告していたとおり、フロントビュー/サイドビュー両対応です。公開後も、BattleDesigner.jsが完成するまでアップデート&サポートを行います。

BattleDesigner.js

bdpre-01bdpre-02

BattleDesigner.js/バトルデザイナー(以下BD) とは、ももまるがこれまで当サイトやTwitterでMV版XPスタイルバトル(仮称)と呼んでいたものの正式名称です。BDはRPGツクールXPライクなHUDを表現出来るプラグインに加え、HUDをデザインする専用アプリを備えています。専用アプリではゲージや数値といったHUDパーツをドラッグして位置変更することはもちろん、px単位の調整も可能です。他のレイアウト設定等も専用アプリで行います。

VXAce版XPスタイルバトルは設定項目が多すぎたため、一つ一つの設定の効果を確認するためにスクリプトエディタ↔テストプレイの行き来を何度も繰り返す必要がありました。BDではこの手間を大幅に減らし、少ない手間でレイアウト編集が出来ることを目標としています。

Momomaru Remixはこのプラグイン+アプリの完成に向けて活動を継続してまいります。時間がかかりますが、よろしければ引き続き応援の程よろしくお願い致します。

LNX RGSS3 Extensions Ver1.20

ももまるです。
Entyで配信中の「LNX RGSS3 Extensions」のバージョンアップ、今後の新スキンの制作、フリー版「MV版XPスタイルバトル(仮称)」についてお知らせします。

LNX RGSS3 Extensions Ver1.20 (2016/8/21)

  • LNX11b_リフォーム・バトルステータスの新スキン「ワイルドカード」を追加しました。
    トランプがモチーフのスキンです。専用のウィンドウスキンとアクターエリアの背景付き。
    lnx11b-17lnx11b-16

既にMomomaru Remix / Entyにてご支援頂いている方は、こちらの投稿から最新バージョンをダウンロードしていただけます。

新スキン「ワイルドカード」について

このスキンはEnty 支援額 ¥20,000/月 到達の御礼として制作したものです。パトロンの皆様、ありがとうございました。

lnx11b-15
今まで硬い印象のスキンが多かったので、ワイルドカードは全体的にエッジの少ないデザインにしてみました。また、今回はウィンドウスキンとアクターエリアの背景画像も作ってみました。背景はダイヤのパターンになっています。是非スキンと合わせてご利用下さい。
特徴的なカード型のバトラーグラフィックですが、これはスクリプトで自動で顔グラフィックと合成されるものではなく、ユーザー様ご自身で用意して頂くものとなります。カードの雛形はもちろん素材集に同梱しておりますので、ご活用下さい。

スキン制作に関するお知らせ

Momomaru Remix@Enty では、ご支援額 ¥10,000 到達毎に新しくXPスタイルバトル用スキンを作ることを目標として掲げております。しかしながら、MV版XPスタイルバトルのプラグイン開発の合間にスキン制作作業を行うことは思っていたよりも負担が大きく、スキン制作のためにプラグイン開発が度々中断されてしまう状況が発生してしまいました。

MV版のプラグインを心待ちにして下さっている方がいる中、スキン制作によって開発に遅れが出てしまうのは好ましくないと判断致しまして、当面の間スキン制作を保留とし、MV版XPスタイルバトルの開発に集中することにしました。
現在、Entyでのご支援額が ¥30,000/月 を超えており、本来なら新スキン第3弾に取り掛からなければならないところですが、こちらはMV版のプラグインが完成した後に制作を始めさせて頂きたいと思います。
また、勝手ながらVXAce向けに新スキンを追加するのは次の新スキンで最後とさせて頂きます。以降はMV向けに注力していきます。

何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

フリー版「MV版XPスタイルバトル(仮称)」提供について

Entyでのご支援額が 20,000/月 に到達したため、目標として掲げておりました、MV版のプラグインのフリー版の提供を致します。
フリー版の内容ですが、現時点で決定していることは「有償版の機能を簡略化したお試し版の位置付け」ということのみです。詳細な内容は有償版公開後に決定したいと思います。

LNX RGSS3 Extensions Ver1.10

ももまるです。
本日、Entyで配信中の「LNX RGSS3 Extensions」のバージョンアップを行いました。

LNX RGSS3 Extensions Ver1.10 (2016/6/12)

  • LNX11a_XPスタイルバトル ver1.13 → ver1.14
    ターゲット配列のX座標ソートのバグを修正
  • LNX11b_リフォーム・バトルステータスの新スキン「アークトゥルス」「スピカ」を追加しました。
    同時ステート表示数5つ・半円ゲージが特徴のスキンです。

lnx11b-12lnx11b-13

既にMomomaru Remix / Entyにてご支援頂いている方は、こちらの投稿から最新バージョンをダウンロードしていただけます。

新スキン「アークトゥルス」「スピカ」について

この2種のスキンは、Enty 支援額 ¥10,000/月 到達の御礼として制作したものです。ご支援頂いたパトロンの皆様、ありがとうございました。

lnx11b-10
アークトゥルスは中世風のオーナメントを施したスキンです。結構ゴチャゴチャしたデザインになってしまったので、後ろにバトラーグラフィックを置くと、更に混沌とした見た目に……。思い切ってバトラーグラフィックを透明にして使ってみても良いかもしれません。

lnx11b-11
スピカはSF感を意識して作ったスキンです。SF感とはいっても、ジャンルを選ばないようにシンプルめのデザインにしています。

VXAce/MV両方の解像度で使用することを想定して、今回から元データをAdobe Illustrator CCで作成しています。LNX RGSS3 Extensionsにはアークトゥルスとスピカのai形式とsvg形式のファイルを同梱しましたので、任意の解像度でラスタライズしてお使い頂くことも可能です。

Entyの決済手段について

Entyの決済に銀行振込が利用可能になりました。これまでの決済手段では支援できなかったという方は、銀行振込決済をご検討頂けると幸いです。

Enty:銀行振込での決済について

Renewal

大変お待たせいたしました。
長らく停止状態にあった「ももまるLabs」ですが、本日装いと名称を改め、「Momomaru Remix」としてリニューアルしました。今後も、皆様にとっても私にとっても意義のある活動をしてまいりますので、よろしくお願い致します。

以下、リニューアル内容です。

素材の再公開について

事前にお知らせしたとおり、本日からEnty経由での素材提供を開始しました。詳しくは以下のページをご覧ください。
About – 素材の提供について

Enty招待キャンペーン

Momomaru Remix への支援を検討中かつ、Entyへの登録がお済みでない方、Enty招待キャンペーンにご協力頂けると嬉しいです。

Enty ユーザー登録 : http://bit.ly/1ZLRrXz

こちらからEntyにご登録していただくと、Momomaru RemixのEnty手数料が減り、皆様のご支援を最大化することが出来ます。よろしくお願い致します。
2016/5/2 皆様のご協力のおかげで、手数料が10%から5%に下がりました。ありがとうございました!

素材の変更点

Entyで素材を提供するにあたり、いくつか素材の内容に変更があります。
以下の情報は2016年5月1日時点のものです。最新情報は各素材ページでご確認下さい。

RGSS3素材 : 旧版とEnty版の違い

  • LNX11b_リフォーム・バトルステータスの新スキン「ブリックス」を追加しました。
    パーティ人数に応じてアクターのステータス配置が複数段になる特殊仕様のスキンです。
    lnx11b-06lnx11b-08
  • 以下のスクリプトのバージョンを更新しました。今後も大きな不具合などがあれば更新します。
    • LNX11a_XPスタイルバトル ver1.12 → ver1.13
      スキル・アイテムウィンドウのリサイズ設定(FITTING_LIST)が反映されないバグを修正
      ターゲットカーソルの座標指定ミスを修正
      強制終了対策を行いました
    • LNX11b_リフォーム・バトルステータス ver1.01 → ver1.02
      強制終了対策を行いました
    • LNX25_ゲーム画面倍率切替 ver1.00 → 1.01
      機能改善およびWindows 10での動作確認
  • LNX11bのスタンダードスキンのHP/MPゲージ画像を修正しました(画像左:旧 右:新)。
    lnx11-11
  • LNX11bのTPのゲージ素材(なめらか円ゲージ)を追加しました。
    image_lnx11b_27
  • スクリプトファイルの拡張子をtxtからrbに、エンコードもUTF-8に変更しました。

STRRGSS2 ARCHIVES旧版とEnty版(+つき)の違い

  • 旧版では未収録だったXP風バトルとKamesoft様のスクリプトとの併用パッチを追加しました。
    • STR11+og_後付オーバードライブゲージ
    • STR11×オーバードライブ
    • STR11×多人数パーティ
  • 安定性に問題があった STR33_アクティブタイムバトル 等のスクリプト素材を未収録としました。
    未収録の素材はDownloadページにて、STRRGSS2 ARCHIVES-(マイナス)として無償配布しています。
  • STR11e_バトルステータス++ 用の画像素材のサンプルのデザインを改善しました(画像左:旧 右:新)。
    str11-04
  • 一部のスクリプト名を変更しました。
  • スクリプトファイルの拡張子をtxtからrbに、エンコードもUTF-8に変更しました。

RGSS2 素材ページ復刻

昔公開していた各RGSS2素材のページを可能な限り復刻しました。素材の内容確認にご利用下さい。

STRRGSS2 ARCHIVES+